特集 女性専用発毛治療 ドクターズヘアレディース

HOME > 女性のための頭髪治療病院について > 頭髪治療病院での治療 > 女性の頭髪治療最前線

ドクターに聞く 女性の頭髪治療最前線

第1回 育毛メソセラピー治療最前線

みなさんは「育毛メソセラピー」という言葉をご存じですか?
ここ最近、急速に広まっている新しい育毛治療法です。
メソセラピーというと「=(イコール)脂肪溶解注射」と思いがちですが、メソセラピーとは皮下のごく浅い部分に直接薬液を注入して浸透させる治療方法自体のことを言います。
つまり、育毛メソセラピーとは、頭皮のごく浅い皮下細胞に注射で育毛効果のある薬液を注入して浸透させる育毛治療のことです。
この治療法が急速に広まっている理由は、高い治療効果が得られていることが一つの理由ですが、今回、この育毛治療について、メソセラピー治療にいち早く注目し、日本で最初にメソセラピーを紹介した、アンドリュー・ウォン博士、通称Dr.アンディーに詳しいお話を伺いました。

最近、育毛メソセラピーを導入しているクリニックが増えているようですが、育毛メソセラピーの治療はどのクリニックでも同じ効果が得られるのでしょうか?
Dr.アンディー
「メソセラピーというのは、あくまでも手段であり薬液の効果を上げるための技術です。効果の是非についてはどのような薬剤を用いるかで違ってきます。基本的には医薬品として認められている薬剤を中心にドクターそれぞれの研究結果や治療方針による薬剤の組み合わせでカクテルを作ります。現在、女性の薄毛治療にはミノキシジルを中心としたカクテルが一般的ですね。合わせて配合する薬剤は、麻酔薬やプラセンタ、ビタミンなどドクターによりさまざまです。」
ユーザーからのよくある質問なのですが、治療中痛みはありますか?
Dr.アンディー
「ほとんど痛くはありませんよ(笑)。安心してください。一般的にメソセラピーは大変細い針を使用します。細ければ細いほど打つ時の痛みというのはないのです。針治療などでも細い針を使用するので痛くないですよね?チクリという感覚自体もあまりないのではないでしょうか。どちらかというと打つ瞬間よりも薬液を注入しているときのほうが痛いかもしれません。それくらい針は進歩しているんですよ。」
カクテルに麻酔薬(痛み止め)を入れるクリニックもあるとのことですが、なぜ麻酔薬を入れる場合があるのでしょうか?
Dr.アンディー
「注射の痛みではなく、皮膚の中に薬液がたまった状態になっているため、少し痛みや違和感がある場合があります。この痛みや違和感は薬液が浸透していくとなくなりますので個人差はありますが一日くらいで収まります。ただ、痛みといっても我慢できない痛みというわけではありません。また個人差もあるので痛くない人もいます。クリニックによってはカクテルに入れないところもあるくらいなので。」
育毛メソセラピーを受けた後に注意をすることはありますか?
Dr.アンディー
「基本的にダウンタイムはありませんので治療直後でも普通に日常生活を送っていただけます。ただ、薬液が浸透するまでは頭皮に強い刺激は与えない方がよいでしょう。シャンプーなどは一定時間あけることを推奨しています。また、痛み止めを使用している場合はアルコールは飲まないようにしてください。」
育毛メソセラピーはどれくらい間を置きながら治療を行うものでしょうか?
Dr.アンディー
「どんなカクテルで治療をするかで変わりますね。ミノキシジルを中心に考えると、最初は1週間に1回程度の頻度で行ったほうがいいといわれています。これは少しずつ薬剤を注入するためです。」
育毛メソセラピーのメリット・デメリットはなんでしょうか?
Dr.アンディー
「注射を利用して薬液を直接幹部に注入することができるので、従来の育毛剤などを塗布する方法よりも薬液の作用が高くなるといえます。また、メソセラピーのカクテルは医師の経験により様々な組み合わせが可能なため、患者様の状況にあった治療を行うこともでき、高い治療効果を望むことができます。
デメリットとしては、最初の内はこまめに治療に通わなければならないことと薬剤が浸透するまで(約1日程度)若干の痛みもしくは違和感があることでしょうか。塗布や服用に比べ少し治療費は高くなりますが、効果が違うため一概に比較することは難しいでしょう。」
アンディーズクリニックの頭髪治療は育毛メソセラピーが中心なのでしょうか?
Dr.アンディー
「違います。一概に頭髪治療と言っても、脱毛原因が様々ですので、個々人の状態を確認してストレスケアと頭皮の改善、医薬品と育毛メソセラピーを組み合わせて治療を行っています。特徴としては、長年研究してきたストレスケアを取り入れているところかもしれません。女性の脱毛はストレスが関係していることも多く、心のバランスと体内の栄養のバランスが崩れてしまったために症状が現れている場合も多いのですよ。私はストレスケアの研究を長年行っており、東洋医学的な検知による対症療法や漢方的な発想を用いて開発したストレスケアなどを組み合わせて、ストレスを取り除き、根本的に改善していく治療を目指しています。食生活や生活習慣が変わってきていることもあり、昔に比べ現代の女性は非常にストレスがたまりやすい。ビタミン不足からストレスが発生することもあるので、ただ単に発毛剤を用いるだけでは根本的な治療にならないのです。また、今までそもそも話を聞いてくれるクリニックがあまりありませんでした。私のクリニックでは十分にカウンセリングを行うため患者に安心してリラックスしてもらった上で治療を行っています。それも一つのストレスケアだと私は思っています。」
アンディー先生はなぜ育毛治療を行うようになったのですか?
Dr.アンディー
「私は、様々な国際的な人道的活動や、環境・衛生・職業訓練・女性の地位向上の為のプロジェクトに参加しボランティア活動を行っておりそれをライフワークとしています。以前、ボランティアで世界中をまわって、火傷で皮膚がケロイド状になった子供たちの治療を行いました。火傷が頭部にまで及んでいる重度の患者もおり、頭髪をなくして精神的にもダメージを受けている子供を見ているときになんとか治療できないものかと思ったのが頭髪治療を研究するきっかけとなりました。私はもともと六本木で美容皮膚科を開いているため女性患者がほとんどですが、10年程前から、毛髪に対する悩みを抱えた女性患者が増えてきており、研究してきた治療法をもとに8年前から本格的に頭髪治療を始めるようになりました。今では頭髪に悩む患者のための専門クリニックも増えてはきましたが、当時は円形脱毛症治療を含めた女性の頭髪の悩み全般を扱っていたクリニックはあまりなかったので全国から患者がクリニックを訪れていましたね。

今後の女性の薄毛治療はどう進化していくと思われますか?

Dr.アンディー
「頭髪治療は、今後医学的に進歩していくのは間違いありません。DNAレベルでの研究が急速に進んでいるのは確かです。ただ、残念ながら、頭髪治療の研究は男性に対するものが中心で、女性に対しては遅れがちです。男性の治験の結果から、女性にも流用できるものは採用するというのが実際のところでしょう。薄毛に悩む女性が増えているのは事実です。私は女性の地位向上をライフワークの一つとしているため、女性のための頭髪治療研究をこれからも続けていきたいと思っています。」

プロフィール

アンドリュー・ウォン

ドクターアンディーズクリニック院長
フランスメソセラピーソサエティ学会正会員

50カ国以上の国際奉仕活動に参加。
国際ロータリー最高栄誉賞受賞。
日・中・英・仏・独の五ヶ国語を話す。

発毛モニター募集! 最大30%OFF

薄毛・抜け毛などの悩みを聞いてほしいと思ったら・・・

全国にある女性のための頭髪治療病院をご紹介します。

女性のための頭髪治療病院検索

無料来院カウンセリングを実施している病院をご紹介します。

無料カウンセリング病院一覧


ページトップ

女性専門頭髪外来ドクターズヘアレディース びまん性脱毛症の治療なら

椿クリニックのプラセンタ発毛治療キャンペーン

トピックス

  • 女性の薄毛、抜け毛に関する無料カウンセリングを行っている病院をご紹介しています。ご相談、ご予約はお気軽にどうぞ!
    ※「(女性)のための(薄毛治療)病院ガイドマップ」に登録している病院をご紹介します。

男性版はこちら