若い女性にも急増しているびまん性脱毛症を徹底解剖

「びまん性脱毛症」とは、女性の脱毛症のひとつで、中でももっとも発症しやすいものです。「びまん」とは「一面に広がる」という意味、男性のように部分的に脱毛が進むのではなく、頭皮全体が薄くなるのが特徴です。全体が徐々に薄くなっていくので、気がついたときにはかなり進行しているケースもあります。「分け目が薄くなった…」と感じたら要注意です。薄毛は年齢を重ねた50代に起こることのように考えていませんか?
びまん性脱毛症はダイエットやストレス、不規則な生活といったことも原因となり、20代から発症するひとも少なくありません。また、原因がひとつではなく、複数の原因が複雑に絡み合っているケースが多いのも、女性の薄毛が男性の薄毛と違うところです。閉経という女性の節目に向かう、40代後半以降の女性では、女性ホルモンが著しく減少するときに「FAGA(女性男性型脱毛症)」という、男性のように前頭部や頭頂部から薄毛が広がっていく脱毛症になる方もいます。年齢が要因で起こるびまんせい脱毛症のひとつがFAGAです。

東京ビューティークリニック

"髪が細くなった気がする" "分け目が気になる" "抜け毛が増えた"と感じている方は「びまん性脱毛症」かもしれません。

また、40代後半の更年期障害と同時に起こることが多い「FAGA(女性男性型脱毛症)」もびまん性脱毛症のひとつの種類と考えられています。
このページでは20代、30代~40代前半、40代後半~という女性の各ステージで特に多い髪のお悩みに回答しながら、びまん性脱毛症対策について考えていきたいと思います。

ブリーチしてカラーを入れたり、パーマをかけたり、ヘアスタイルを楽しんでいましたが、全体的に髪が細く薄くなってきたような気がします。髪に良いというヘアケア商品が新発売になれば、その度に試してみるのですが、一向に改善されません。

頭皮へのダメージや誤ったヘアケアは若い世代のびまん性脱毛症の原因となります。
カラーリングやパーマは、髪の構造を変え、ダメージを与えます。それと同様に、薬剤が頭皮につけば、頭皮にダメージを与えることもあります。特に縮毛矯正とブリーチは髪と頭皮に負担が大きいものです。髪のおしゃれは思いきり楽しみたいですが、なるべく頻度をおさえるように心がけましょう。また、シャンプーで発毛を促進することはできません。「ハリやコシがアップ」「豊かなボリュームに」というキャッチコピーに惹かれて使用しても、頭皮に合わなければ逆にダメージを与えてしまうことに。自分の頭皮がどんな状態なのか知りたい場合は、クリニックでのカウンセリングをお勧めします。

趣味のようにダイエットをしては、リバウンドをすることを繰り返しています。最近、髪にボリュームがないような気がするのですが、ダイエットも薄毛の原因になりますか?

無理なダイエットや偏った食生活は、びまん性脱毛症の原因となります。
昔から「わかめは髪に良い」などと言いますが、確かにミネラル分を多く含む海藻類は髪に良い食べ物です。でも、そればかりではダメ。髪はタンパク質からできているので、まずは良質なタンパク質が摂取できていなければ土台ができません。過剰なダイエットでタンパク質が不足すると、抜け毛の原因にもつながります。理想的なのは、和食。豆類、ごま、海藻類、野菜、魚、しいたけ、イモ類。これが髪を育てるにはいいと言われています。また、ナッツ類やドライフルーツにもミネラルが豊富に含まれているので、おやつなどで上手に取り入れましょう。ここまで聞いて、いかがでしょうか? 健康的なダイエットメニューと同じではないですか? 食生活を改善しても薄毛が改善しない場合は、すぐにクリニックを受診することをお勧めします。繰り返した過剰なダイエットによって、ホルモンバランスが乱れ、それがびまん性脱毛症の原因となっている可能性もあります。

ファッションに合わせて様々な髪のお洒落も楽しめるようになり、色々な種類のシャンプーやスタイリング剤が手軽に買えるようになったいま、20代の女性の髪や頭皮は今までになかったダメージにさらされていると言えるでしょう。また、西洋化した食生活も本来の日本人の体にフィットしたものではありません。子どもの頃から動物性脂質をたくさん摂る食生活を続けている若い世代は、その視点から見れば上の世代よりも頭皮環境は良くないかもしれません。モデルのような体型への強い憧れと執着によって「食べない」という行為も、びまん性脱毛症の原因となります。20代での気になる症状は、そのままにすればどんどん進行してしまいます。一度クリニックでのカウンセリングを受けて、自分の髪と頭皮の状態を知ることも大切です。

40代前半、二人の子どもがいます。総合職で働いていますが、管理職となってから、抜け毛が気になりだしました。ストレスかとも思いましたが、よく聞く円形脱毛症のようにはなっていないのですが…。

30代~40代は、仕事も子育ても忙しいというひとも多いでしょう。
家では家事と教育に追われ、職場では男性と同じように能力を求められる… 働いているお母さんは幾重にも重なったストレスを背負っています。
実は、ストレスはびまん性脱毛症の大きな原因のひとつです。
ストレスが引き起こす脱毛は、円形脱毛症だけではないのです。忙しく時間が取れない方こそ、髪の専門クリニックに相談して、素早く原因究明とそれに沿った治療をしていくことが、「髪の悩み」という新たなストレスを回避する最善の方法でしょう。

生理痛がひどく、ピルを服用していましたが、子作りのために中止。
途端に抜け毛が多くなり気になっています。

ピル(経口避妊薬)は女性ホルモンを配合した薬です。
女性ホルモンは髪を維持する作用がありますので、服用している間は抜け毛が減りますが、中止すると抜け毛が増えるということが起こります。中止後の抜け毛が一時的なものであれば心配ありませんが、まれにピルによってホルモンバランスが崩れてしまう場合があります。気になる場合は毛髪専門のクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

30代前半です。出産後に大量に抜け毛があり、前髪の生え際のあたりがとても気になっています。これは一時的なものですか?

産後の抜け毛は妊娠時に大量に分泌されていた女性ホルモンが、出産後に減少することによって起こる、一時的なものです。約1年~1年半で通常の状態に戻ります。しかし、高齢出産の方は体力回復に時間がかかることで、また育児に強いストレスを感じている場合にも、薄毛の回復に時間がかかるケースがあるようです。育児ストレスによってびまん性脱毛症を引き起こしている可能性もあります。産後の薄毛がなかなか回復しないという場合は、毛髪専門クリニックの受診をお勧めします。

女性としての充実期とも言えるこの年代ですが、それと同時に強いストレスにもさらされています。びまん性脱毛症の大きな原因のひとつはストレスです。
しかも月の間でも変化をし、避妊出産ではさらに劇的な変化をみせる女性ホルモンが関係するなど、様々な要因が複雑に絡み合っているのが女性の薄毛です。
忙しいこの世代の女性は、専門クリニックを利用し、すばやく的確に原因を突き止め、それに合った治療をしていくことが、豊かな髪を取り戻す近道と言えるでしょう。

40も半ばを過ぎ、分け目の部分が薄くなりました。全体的にも髪が薄くなっているような気がしていて心配です。

加齢もびまん性脱毛症の大きな原因のひとつです。
髪のサイクルを簡単に説明すると、「初期成長期→成長期→退行期→休止期」となります。この中の「成長期」が、髪が生えて伸びていく時期です。男性の場合はこの成長期が短くなって、太く丈夫な髪になる前に産毛状態で抜け落ちてしまうのが薄毛の主な原因ですが、女性の場合は「休止期」という髪の成長が止まっていつ抜けてもおかしくない状態のの期間が長くなることが大きな原因となります。抜け落ちる髪の量に対して、生えてくる髪の量が少ないので薄毛となってしまうのです。セルフケアでは、頭皮をマッサージして血行を良くするといった対策しかできないのが現状です。毛髪専門のクリニックでは、オリジナルの育毛剤などを使って髪の成長を促したり、休止期が長くならないよう正常なサイクルに整えるなどの「治療」ができます。

更年期と同時に薄毛に悩むようになりました。更年期の症状は内科のお薬で軽くすることができますが、薄毛についてはあきらめる他ないのでしょうか?

更年期を迎えると、女性ホルモンが急激に減少し、髪の成長を阻害するDHT(ジヒドテストステロン)という男性ホルモンの影響が顕著になるケースがあります。
これを「FAGA(女性男性型脱毛症)」といい、男性のように前頭部や頭頂部から薄毛が目立ってくるのが特徴です。
ホルモン原因ということで、FAGAもびまん性脱毛症の一種と考えることができます。最近では男性型脱毛症(AGA)のようにFAGAにも育毛剤が市販されるようになりました。しかし、効果を実感するまでには少なくとも朝夕2回半年程度の使用が目安になり、その効果は保証されているものではありません。
確実に効果が得たいのであれば、毛髪専門クリニックの治療が最適かと思われます。

女性であればだれでも閉経を迎えます。加齢による女性ホルモンの減少によって起こるびまん性脱毛症は「必然」とも言えます。女性ホルモンの減少は体の内側で起こる生理現象であって、それを阻止することはできません。ですから、自分で出来る対策も限られてきます。「できればウイッグなどに頼らずに、自分の髪で人目を気にすることなく楽しく豊かな時間を過ごしたい」─── そう思われている方は、ぜひ毛髪専門のクリニックにご相談ください。

東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニックは、ストレスの多い現代社会に生きる女性の髪にいち早く注目、女性の薄毛治療に焦点を当てた「女性の"髪"専門外来」です。特に「びまん性脱毛症」の治療には実績と自信があります。髪に関するお悩みは、どのようなことでもご相談ください。
カウンセリングの際には、頭皮と毛髪の状態を診察するだけでなく、遺伝子要因や生活習慣などもお伺いしながら、診断をしていきます。必要に応じて血液検査なども行い、内服薬と外用薬による徹底した治療を行っております。

東京ビューティークリニック

びまん性脱毛症の治療は、女性の髪の専門医院、東京ビューティークリニックにお任せください。
銀座院・渋谷院・梅田院・福岡院のほか、全国の提携院で治療していただくことが可能です。

銀座院

【診療時間】
10:00~19:00
【住所】
〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-9 クイーンズハウス8F(1階 EMILIO PUCCI)
【最寄駅】
各線「銀座駅」B4出口より徒歩約1分。

渋谷院

【診療時間】
10:00~19:00
【住所】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-15 森ビル5F
【最寄駅】
JR「渋谷駅」徒歩約1分。

新宿アイランドタワー院

【診療時間】
10:00~19:00
【住所】
〒163-1303 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー3F
【最寄駅】
東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より30秒。
都営大江戸線「都庁前駅」より住友ビル方面へ徒歩約8分。
「新宿西口駅」より青梅街道沿い徒歩約10分。
JR「新宿駅」の西口改札口より新宿副都心方面へ徒歩約10分

札幌院

【診療時間】
10:00~19:00
【住所】
〒060-0004 北海道札幌市中央区北四条西2−1−1 カメイ札幌駅前ビル3F
【最寄駅】
地下鉄東豊線「さっぽろ駅」14番出口徒歩20秒。
JR各線「札幌駅」より徒歩3分、地下鉄南北線「さっぽろ駅」からは徒歩4分。
「東急百貨店」南東側(バスが並んでいる大通り側の入口)、隣の黒いビルの3Fが東京ビューティークリニック 札幌院です。

大宮院

【診療時間】
10:00~19:00
【住所】
〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-1-26 石井畜産ビル6F
【最寄駅】
JR大宮駅より徒歩2分。
JR大宮駅西口ロータリー左斜め前の階段を下り、1Fに三井住友銀行他ATMが入っているビルの6Fが東京ビューティークリニック 大宮院です。

名古屋院

【診療時間】
10:00~19:00
【住所】
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目 2番9号 名駅クリスタルビル6F
【最寄駅】
各線「名古屋駅」ユニモール地下街13・15番出口を出て徒歩1分。
名古屋市営地下鉄桜通線「国際センター駅」4番出口より徒歩1分。
名古屋市営地下鉄鶴舞線「丸の内駅」6番出口より徒歩10分。

大阪 梅田院

【診療時間】
10:00~21:00
【住所】
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2-1-21 高橋ビル6F
【最寄駅】
地下鉄御堂筋線「梅田駅」5番出口より徒歩1分。
阪急「梅田駅」茶屋町口より徒歩1分。
JR「大阪駅」御堂筋北口より徒歩4分。
阪神「梅田駅」より徒歩5分

福岡院

【診療時間】
10:00~19:00
【住所】
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-12-5 アペゼビル4F
【最寄駅】
西鉄福岡駅より徒歩3分。
地下鉄天神駅より徒歩7分。
博多駅よりバスで20分。